履歴業績プレス・センタープレス・センターよくある質問ギャラリー  
  DE   EN   ES   JP    
 



フローリアン・ホルスボール教授はうつ病研究における数々の功績で知られている。

精神科医かつ化学者として、彼は精神性疾患の素因の探究を、生化学・遺伝学・画像解析・モデルシステムなどのあらゆる方面から行っている。何故うつや不安・睡眠障害が起こり、それらをどう治療するべきか、に彼の全興味が注がれている。彼はオーダーメイド医療の先駆者であり、各患者の特性に応じた個別化医療こそが精神障害の治療には必要という理念を貫いている。

フローリアン・ホルスボール教授は、精神医学および神経内科学の治療を行う専門的医療研究機関である マックス・プランク精神医学研究所 の所長を務める。研究所における臨床研究は、生化学・遺伝学ならびにシステム生物学等それぞれの学問領域を研鑽してすすめられている。



NEWS
Saturday, 23.04.2016
Laudation given by Professor Holsboer on occasion of the retirement ceremony of Professor Higuchi as President of the National Center of Neurology and Psychiatry

IMPRINT   CONTACT